【最上級の褒め方】


“褒める”と”お世辞”は紙一重です。お世辞と捉えられてしまうと悪い印象を与えかねません。
では褒めるのが下手な人と上手な人は何が違うのか?
解説します😊

Lv.1 褒め初心者
「お綺麗ですね」
・抽象的、全体的
・程度が高い事を褒める
ex)凄い、上手い、可愛い

Lv.2 褒め上手
「そのイヤリング、のんのさんの雰囲気に似合ってますね」
・具体的、部分的
・あなたのセルフイメージにぴったりである事を褒める
ex)お似合いですね、ぴったりですね、親しみやすいですね

Lv.3人たらし
「以前ネイルサロンにお勤めだったんですか?」
→違いますけど、なんでですか?
→「いや、○○さんの華やかな雰囲気にぴったりのネイルされてるなぁと思ったんで」
・まずは質問する
・答えが「いや△△だと思ったんで」となる聞き方をする
・一旦質問を挟むだけで、お世辞感が抜け、心から褒めているように感じられるものです。


でも人を褒め慣れてない方もいらっしゃると思います。

是非、まず、周りのどなたかお1人にLv.2 Lv.3を活用してみてください❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

【心理テスト】